PAGE TOP

スタッフからのメッセージ-西浦里佳-

カテゴリ:採用活動 2016年5月1日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中途入社アルバイトを経て2010年6月社員採用
営業部・チームリレーションズサブリーダー
仕事内容 : ホールカウンター業務をメインにイベント企画・スタッフ教育

やると決めたらやる。 即行動するタイプの性格です。

趣味はゴルフ少々とセルフネイル。
自宅にいるときはネイルをしていることが多いのですが、買物もとても好きなので、ファッション誌は何度も見ても飽きません。
基本的に自炊派なので、料理も好きですし、レシピを見なくても、目分量で大体のものは美味しく作れるので、母親から良い特技を受け継いだと思っています。
休日は買物やランチなど外で過ごすことが多いですね。
ネットを見て、いいなと思った店にいくこともありますし、友人から聞いた評判の良い店に行くこともあります。
私は思ったらすぐに行動をするタイプなので、先日も尊敬する方のセミナーが大阪で開催されると聞き、すぐに申し込みをして、梅田まで参加しにいきました。
その際に急きょ、母も行きたいと連絡があったので、共に大阪まで行って、久しぶりに親子でのショッピングを楽しんだりもしました。

太洋社に入社して良い意味で考え方が変わった

良い意味で考え方がすごく変わったなと思います。

例えば、環境整備や勉強会など他社にない戦略がありますので、自分が落ち込んだり、失敗した時のモチベーション維持や、課題克服の具体的なフローも太洋社で学ばせて頂いたと思います。

特に管理職に昇進する時が、自分の中で大きな試練で、当時はまだ女性が管理職に就く前例がなかったこともあり、簡単なことではありませんでした。

その時になって太洋社で日々、学んでいたことが実感されてきて、最後までくじけずに頑張ることができました。

女性が持つ特性をより活かしていけるような会社を目指して

女性スタッフは増えていますが、女性の管理職は現状二人なので積極的に登用したいです。 個人の課題は私を見て管理職になりたいなと思ってもらえるような人間がどんどんと出てくることです。

女性の管理職が増えればそれだけ太洋社としても縦だけでなく、横幅のある総合的なパワーを持った会社に成長できます。 昨今、女性の社会進出が日本においても実現されてきましたが、現場レベルから見ればまだまだ体感できるレベルではありません。

女性の管理職をより多く登用し、よりその特性を活かすことができれば、より質の高いサービスが提供できますし、会社総体としての成長にも必ず直結していくものと考えております。

太洋社で女性スタッフの活躍が目立つ理由

設備向上により、重い箱を持ち上げたりといった体力仕事がなくなり、より業務内容が”接客”にフォーカスを当てたものに変化してきたことが大きな要因だと思います。

そもそも接客は女性の特性を大きく発揮できる仕事だと思っていますので、女性ならではの能力を大きく活かせる環境になってきたことも原因だと思います。そのような女性の挑戦を太洋社では、皆で積極的に評価していく気風がありますし、実際にお客様からの評価にも直結しております。

そのため、女性自身も自分自身の価値観や存在意義を共有し、再確認できるため、離職率の高い業界でありながらも、太洋社では女性が長年、継続勤務して頂ける要因となっていると思います。

部下の気持ちをしっかりと受け止めていける管理職に

自分自身の職位や役割によって意識する部分は大きくかわってきましたし、様々な心がけがありますが、今、大切に意識をしているのはしっかりと”部下の話を聞く”ということです。

過去の経験上、年数の浅い若い社員にとって、上司の業務は部下の目には認識し辛いことが多く、そうした最中、「報告、連絡は早くしなさい」と指示されるのに、勇気をもって報告に行くと「今は手が離せないからダメだ」と断られてしまい、戸惑うこともあります。

部下が上司に質問に行く際には恐らく勇気を出して来ているのだろうと思いますので、どうしても手が離せない時以外は、後回しにせずその場で、出来る限り部下の気持ちを受け止めていくことを心がけております。

太洋社で初めて”西浦さん”として向き合って下さる上司の姿勢を感じることができた

前職は全国200店舗超の大手化粧品販売店だったのですが、心身共に不調をきたした辛い経験から、転職先はアルバイトにこだわり、給与が高く、自宅から近い場所で定めており、ちょうど太洋社が当てはまり、アルバイトとして入社。 過去のトラウマから当初は長期就労の意思は全くありませんでした。

ところが、多くのスタッフを集めてのグランドオープンを経験する機会を頂き、皆をまとめられる、より多くの上司の必要性を痛感しました。仕事でも、ちょうど責任感が出てきたことをきっかけに、もっと自分にもできることがあるんじゃないかといった気持ちが強くなり、社員になることを決意しました。特に社員を志望した大きな理由は、太洋社が一人ひとりを大切にしてくれる会社だと、心から実感したからです。

前職では、私は”たくさんの社員の中の一人”という存在でしかなく、社長とお会いする機会もなければ、名前を覚えて頂くことなど当然不可能。しかし、太洋社は社長との距離がすごく近く、一人ひとりの末端のアルバイトやパートに至るまでしっかりと社長は記憶されており、当然、お名前も把握されています。社長だけでなく、もちろん幹部全員がそうした部下への姿勢を徹底されており、一人ひとりの長所を伸ばせるよう真剣勝負で向き合って下さいます。
ここに来るまでは全く未経験だった教育制度ですし、初めて”西浦さん”として向き合って下さる姿勢を感じることができましたので、特にその点は強い志望理由となりました。

そんな私だったのですが、過去に実はひどく思い詰めて、二度ほど退職を決意し、代表と直接、お話ししたことがあります。
しかし、そのたびに太洋社は陰に陽に私をサポートして下さいました。 直接的にお話しを聞いて下さることもありましたが、特に私の見えないところでさりげないフォローをして頂く機会が多く、そうした日々の何気ない一人ひとりの心配りが神様に思えるほど強く私の心に響いておりました。

失敗を重ね、自信を失い、退職を意識しているような私の事も見捨てることなく、太洋社はちゃんと私を必要としてくれ、その皆の思いやりの深さを今一重、実感し、やはりこの会社でもう少し頑張ろうと踏みとどまることが出来ました。
そうした経験から皆のためにも、より一層、結果を出していきたいと思うようになれたことも大きい理由だと思います。

尊敬する上司の存在-やさしさと懐の大きさが安心感に-

私の尊敬する上司は基本的に優しい方なのですが、私には厳しく、恐らく誰よりもその上司から私が一番、怒られております。
しかし、私が負けず嫌いで怒られた方が発奮して頑張る性格なのをご存じなので、本当に何でも見透かされてしまっているなと思います。

また彼は営業のスペシャリストなので、お客様に対する接し方を徹底して訓練して頂きましたし、実際にお客様に対しての姿勢を自らお示しになられた場面に何度も立ち会わせて頂く機会にも恵まれました。”人”に対して非常に強い情熱を持った方なので、部下や同僚に対する接し方に関しても、いつも勉強させて頂いており、非常に強く尊敬しております。

もう一人の尊敬する上司は直接的に私と接する機会はあまりないのですが、とにかく部下の話を何時間でも聴いて下さる方です。ある時、私が落ち込んで、ご相談させて頂いたのですが、上司はただでさえ業務に多忙で、ご家庭もあるにも関わらず、夜のお疲れのところ4時間もお話しを聞いて下さり、更に通り一辺倒な励ましに終始するのではなく、些細な業務上の課題にも、具体的な対応を即座にして頂きました。

その優しさと人間的な懐の大きさが部下の皆にとって、いつも非常に頼りになりますし、長期就労する上での安心感にも繋がっていきますので、私も彼らの様な上司であろうと強く思います。

新しい仲間に期待することは逆境さえも楽しめる人。

辛いこととか、しんどいなって思うことを一緒にちょっとでも楽しいと思って、乗り越えられる人が一緒にいてくれるといいなと思います。
私も多分、それに引っ張られて、元気になれると思いますし、一緒に落ち込むのではなくて「何とかよくして行こう」「頑張っていこう」と思える仲間がいてくれればもっと会社は強くなれるので、そういった方はどんどん一緒にお仕事したいなと思いますので、よろしくお願いします。