【公式】株式会社太洋社

日本一最高のエンターテイメント・ホスピタリティ企業|和歌山県海南市

社員紹介

いかにすれば、優秀な人材が育ち、皆が活き活きと幸せに働くことができるのか?
急変化し続ける時代を生き残るためにあらゆる組織が優秀な人材を欲しています。
価値観の多様化・複雑化に伴い、従来の通り一辺倒な教育制度や理念などは、現代の若い人材にはほとんど通用しません。所詮、インフラ面での整備をどれほど行ったとしても、それを活かす、根本たる”人”の変革なくして、組織変革はあり得ません。どこまでも目の前の一人を大切にし、その蘇生を根本とする。
遠回りに見えても本気の熱い思いを持った一人が、新たな本気の一人を生み出していく。
その連鎖が組織変革の最たる近道となり、広くはお客様に喜びや感動を与えゆく接客態度に通じます。会社組織といえど、結論すれば、全て”人間群”の動きであり、”葛藤と摩擦”です。
その最中において、いかにして、組織は潤滑油となって、皆がより一層の力を発揮していけるか常々、智慧と力を発揮していかねばなりません。上下の選別なく、お互いに意見を言い合いながら、より上へ上へと向上しゆく。
太洋社には日々、そんな絆を深く強く暖めあいながら、熱い夢や目標を共有しながら走っていける仲間達がたくさんいます。

Our Teams



役職  第一営業部 チームリレーションズリーダー

名前  真鍋 徹(まなべ とおる)

出身地 大阪府

趣味  ゴルフ

「友人から「変わったね」と言われることが多くなった」

私は中途採用で入社したのですが、成長した点を振り返ると、正直自覚がないのですが、周りの友人に会うと、良い意味で「変わったね」とよく言われます。

これができるようになったとか、人間的に大きくなったとか、正直そこは私にはわかりません。しかし、周りの人達からそうやって口々に「変わったな」と評価して頂けるということは何かが確かに成長したのかなと、思います。

最近になってやはり一番思うのは結局はお客様に来て頂いて初めて成り立つ商売ですので、お客様から見て是なのか非なのかということを最優先して業務を行うという原点に返ってきたことが大きな変化です。私はここに太洋社で勤めるまでは転職を繰り返しておりました。 なんだかんだ環境や人につけては逃げていたのですが、太洋社で続けていける理由は全部、”人”にあるのかなと私は思います。

「太洋社はチャレンジができる会社」

太洋社は何か自分がやりたいなという事だったり、こういうことをやってみたらいいんじゃないかなということをチャレンジさせて頂ける環境というのは大きな強みだと思います。失敗を考えて行動が遅くなるより、行動を早くする事で失敗も早く味わい、次に改善をするという環境設定、評価制度設定になっているので、そこが会社の強みだと感じています。

「今後の目標について」

会社として店舗展開や事業展開をしていく事になっています。どんな組織にも言えることですが、新規展開していくためには根本となる人材のスキルアップをしていかなくてはいけませんし、太洋社は幹部の手厚いサポートがあって当たり前の環境でやってきた会社なので、それが店舗展開していけば大きく一人ひとりの責任感も変わって来ると思いますし、その時にどうなるかが、太洋社にとって大きな節目であり、大切な分かれ道となりますので、その時に備えて、各個人一人ひとりが大成長していくことが今、太洋社が抱える急務であり、大きな課題だと思います。 そういった意味でも採用の門戸を広く開いて、我こそはという優秀な人材を育成・採用していけるようにしていけるように、自分自身も成長していきたいと思います。


役職   第一営業部 チームリレーションズリーダー

名前   平尾 賢哉(ひらお けんや)

出身地  鳥取県

趣味   アウトドア

「一人の学生に対する社長の姿勢に感銘を受けて入社を決意

私は太洋社の新卒第一期生として入社しました。就職活動中はパチンコ業界をほとんど視野に入れていなかったのですが、太洋社の考え方やビジョン、また「パチンコ業界は厳しいからこそ面白いんだ」というやりがいをたくさん聞かせて頂きました。 しかし、それにも増して就職活動生の立場を良い事に生意気な質問や意見も恐らく私はその時たくさん申し上げたと記憶しているのですが、それでも社長は全部、真正面からしっかりとキャッチして下さいました。 その上で、就職活動という狭い観点だけに留まるのではなく、社会人として、また人間としても成長ができるようなアドバイスを下さって。 「うちの会社に入る、入らないは関係なく、そういうところを考えていった方がいいよ」と一学生に対して真剣にお話し頂き、その時に「この人と一緒に働いてみたいな」「この人が目指す理想の夢に向かって一緒に働いてみたいな」とその時に心に決めました。

「自分の成長を実感できている」

「相手の立場に立って考えられることができるようになったな」というのが自覚できている成長です。それまでは「自分がどうしたいか?」とか「自分がうまくいったら嬉しい」という気持ちが優先されていたのですが、自分個人が満足していたとしても、結局、それが一人ひとりの心にしっかりと伝わり、相乗効果を生んでいくような結果にならなければ、全く意味がないなというところに改めて気づく機会がありました。 それから、相手がどう変わったのか、というその結果にこだわるようになり、自分個人の狭い視野から、より全体観に立った広い視野で物事を捉えることができるようになりました。相手の気持ちや、状況を考えながら、伝えていくうちに結果も、反応も、目に見えて、少しずつ変化が出てくるようになり、そうした部下の成長を通して自身の成長も実感するようになりました。

「今後の目標について」

長い長い未来を見つめれば、一過性の成果だけを追い求めるのではなく、営業と人材育成を繋げて考えていくことが長期的、かつ継続的な成果を出していく上では必要不可欠な課題であると思います。後はアルバイトスタッフからの正社員登用ももっと増えればいいなと思います。やはり他社や現場で働いた経験を持った上で、太洋社を評価していける方が増えていくことができれば、客観的な視点も加わって、より良い会社に成長していくと思います。


役職   社長室 アシスタント

名前   山田 美佳(やまだ みか)

出身地  和歌山県

趣味   ジム  カラオケ

「アルバイトを始めたきっかけはシンプルに給料が良くて広い店舗だったから」

私はアルバイトからの社員登用で太洋社に入社しました。もともと他店のパチンコ店でアルバイトをしていたのですが、太洋社にアルバイトで入社したきっかけは本当に単純なんですが、求人を見て、お給料が良かったという事と(忙しい方が好きなので)店舗が広い方がいいというのが一番大きかったので、その基準を太洋社が満たしていたことが決め手でした。もともと、社員志望だったこともあったのですが、役員の方に社長アシスタントとしての採用で、お声をかけて頂き、この機会に社員になろうと決めました。そんな自分でしたので、当初はやっていけるのだろうか、という不安が大きかったのですが、周りの仲間等が凄く優しく支えて下さるので、今はすごく充実した毎日を過ごしています。

「アルバイトから正社員へ-どこよりも成長させてくれる会社だと実感したから」

弊社では定期的に社内勉強会が開催されるのですが、業務内容だけに留まるのではなく、人間として成長できる考え方などを教えて頂けるので、自分自身の成長に繋がっていると思います。私自身、もともと成長していきたいという意欲が凄くありますので、この会社なら成長できるという実感を得られたので、その点も社員になろうと思った大きな決め手です。未経験の仕事が多い中でも、好きなようにチャレンジさせていただけるのはすごい有り難いですし、失敗を恐れ気味だった私にとって「チャレンジした失敗はOK」という環境は成長するきっかけになっています。


役職   第一営業部クルー

名前   溝渕 杏奈(みぞぶち あんな) 

出身地  京都府

趣味   ドラマ鑑賞

「表も裏も隠さない、そこからどう変えていくか」

私は新卒6期生として、太洋社に入社しました。就活時代はパチンコ業態については一切興味はなく、インターンシップの中の社長ディナーというカリキュラムに惹かれて参加したのが最初でした。その後選考を進めていくにあたり、社員と社長の距離の近さや、良い部分も悪い部分も全て隠さずに見せていくというスタンスが非常にささり、入社を決意しました。

「中小企業だからこそ出来る環境設定」

新しい事にどんどんチャレンジが出来る環境が自分の中で一番好きな社風です。考える事も大事ですが、行動し続けるという事に重きをおいて自分自身もそうですし、育成においても、し続ける事を意識しています。自分の課題としては、行動に重きを置きすぎてしまい勢いだけで進めてしまう事が多々あるので、成長していく上で、動き出しは早く、結果に対して検証や改善を考えられるようになっていきたいと思っています。あとは個人的に伝える力が高い人間になりたいと思っているのですが、コミュニケーションに関して勉強出来る環境が多いところも成長に繋がっていると思います。何を言ったかではなく、どう伝わったかを考えるようにしています。営業も同様で、自分がではなくお客様目線をどう考えるかにも繋がっていると実感しています。

「テーマは変容」

時代が大きく、早く変わっていく中で、太洋社は変化や取り入れるスピードを意識しています。新しい事や面白い事にフィルターはかけずに、どんどん導入していく事が今の時代に適応していく一つの方法だと思います。そういった部分でも、チャレンジをどんどんしていくという社風が浸透してきているようにも感じます。時代に適応しながら、その中でも大きく変容していくをテーマに自分の場所で動いていきたいと思います。